個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

Q&Aコーナー記事一覧

個人再生手続では、住宅ローン以外の債務は減額になりますが、損害賠償の場合はどうなるのか?気になる方もいることでしょう。個人再生は、住宅ローン以外でも減免されない債権がありますので、手続を行う際には注意が必要です。損害賠償、慰謝料、養育費と個人再生個人再生で減額できない債権とは?一般優先債権裁判所に納めるお金、税金、健康保険料、国民年金保険料、罰金共益債権公共料金(電気、ガス、水道料金)、養育費の支...

自己破産はしたくないが、借金返済が滞ってしまい債務整理を検討している方は必見となっていますよ!特に、派遣社員や契約社員、アルバイト、パート、フリーターなど、非正規雇用でも、個人再生できるのか?気になる方はご覧下さいね!個人再生手続きについて原則的に借金を5分の1に圧縮3年~5年で分割返済、残りの借金の支払い義務がなくなる住宅ローンの返済はそのまま自宅を手放さずに借金を整理することができるのが個人再...

長年住んでいた自宅の老朽化によりリフォームする際に、場合によっては借入するケースは良くあります。しかし何らかの事情により、返済が困難になってしまうことも。ここではマイホームを残せる債務整理の手段である、個人再生とリフォームローンの関係についてまとめていますので、毎月の支払が困難になっている方は参考としてご覧下さいね!個人再生するとリフォームローンはどうなる?債務整理で自宅を失わないための制度である...

借金問題で個人再生を検討している方のなかには、生命保険や学資保険など解約させられてしまうのか?不安に思われている方もいることでしょう。また、解約して戻ってくるお金は、債権者に没収されてしまうのではないか。心配な方は少なくないようです。個人再生と保険の関係債務整理の一つ、個人再生手続きの際は、債務者の財産がどれだけあるか調べますが、生命保険や学資保険の解約返戻金は財産として計上する必要があり、解約払...

生活していくうえで必要な住居は、債務整理により、どのような影響を及ぼすのか気になる方もいることでしょう。賃貸契約や更新は可能か?ここでは個人再生後のリスクについてまとめていますので、借金問題で悩んでいる方は参考としてご覧下さいね!個人再生と賃貸物件契約について引っ越しで賃貸マンション、アパート契約は可能?債務整理のデメリットの一つであるブラックリスト記載は、個人再生すると信用情報から削除されるまで...

大学生の約2人に1人は何らかの奨学金を利用しており、昨今では返済できない人が急増しています。そこで個人再生することはできるのか?減額してもらえるのか?気になる方もいることでしょう。ここでは奨学金滞納による個人再生について、メリットと注意点をまとめていますので参考としてご覧下さいね!個人再生と奨学金滞納の関係債務整理の個人再生は、住宅ローン以外の債務を5分の1に圧縮、基本的に3年間をめどに弁済してい...

様々な事情により多重債務や多額の借金で、住民税や所得税など支払いができないという方は必見となっていますよ!そして、債務整理の一つである個人再生は、税金滞納しても手続きできるのか?または税金も減額してもらえるのか?気になる方もいることでしょう。ここでは税金滞納者の個人再生手続きについてまとめていますので、参考としてご覧下さいね!税金滞納と個人再生関係所得税、住民税、健康保険料、社会保険料、固定資産税...

完全に支払い能力がない場合は、やむをえず自己破産するしかありませんが、何らかの形で収入があり、生活や債務状況によっては、任意整理または個人再生のどちらか選択することができます。それぞれの違いやメリット、デメリットを知っておくことで、自身にあった借金問題解決を検討することができます。そこで多重債務や多額な借金がある方は、参考としてご覧下さいね!任意整理と個人再生比較任意整理借金は将来の利息免状のみ元...

複数社からお金を借り入れしている人のなかには、返済が困難となり債務整理か、おまとめローンのどちらか検討している方もいることでしょう。そこで、多額な借金やマイホームの差押えは避けたいという方は必見となっていますよ!ここではおまとめローン後の個人再生リスクについて紹介していますので参考としてご覧下さいね!個人再生とおまとめローンの関係銀行や大手の消費者金融では、複数の業者からの借金を借り換えによって一...

カードローンのモビットは、20歳以上の大学生から69歳まで、安定した収入があればお金を借りることができます。審査が通れば、即日融資してくれますので、急な入り用がある場合はとても便利です。しかし、限度額であればいつでも引き出しできるため、計画なしで借入れを繰り返すうちに、返済が滞ってしまう人も少なくありません。ここではモビットの借金解決として個人再生に注視していますので、返済に困っている方は参考とし...

個人再生した後も何らかの事情により、弁済ができなくなってしまうケースは珍しくはありません。ここでは手続き後、手続き中からの自己破産への移行についてまとめていますので、現在、支払いが困難に陥っている方、今後、弁済できなくなることが予想される方は参考としてご覧下さいね!個人再生、その後の自己破産について個人再生後に破産手続きは可能?様々な事情により再生計画通りに弁済することが困難になってしまうこともあ...

生活に関わる支出の家賃や光熱費は、滞納が続くと退去やライフラインがストップしてしまい、通常の生活に支障をきたす恐れがあります。そこで、現在、多重債務や多額の借金で、公共料金など支払いが滞っている方は必見となっていますよ!ここでは、個人再生手続きによる家賃や光熱費の取扱いについてまとめていますので、滞納している方、そうでない方も含め参考としてご覧下さいね!個人再生と公共料金、家賃支払いについて個人再...

公務員のなかでも体を張って、市民の生活を守ってくれている警察官は、人々にとって安全に暮らすためのかけがえのない存在としています。そして多重債務とか借金とかには無縁と感じられていますが、警察官も私たちと同じ人間ですので、何らかの事情により返済が困難な状況に陥ってしまうこともあります。ここでは警察官は個人再生により、借金問題解決することはできるのか?疑問にお答えしていますので、不安な毎日を過ごしている...

銀行やカードローン、消費者金融などから借入して多重債務や返済が困難に陥っているという方は少なくありません。そこで個人再生を検討しているもの、給料差押えされてしまうのでは?不安な方もいることでしょう。毎月の給料で生活を支えている方にとって、ストップしてしまったら生活がままならなくなってしまいますので当然のことです。ここでは給与差押えを回避、中止するポイントもまとめていますので、個人再生検討中の方は参...

借金返済が困難なため、年金受給者でも個人再生手続きできるのか気になる方もいるのではないでしょうか。最後の手段である自己破産は、どうしても回避したいとの想いで、別の債務整理方法で問題解決するケースは少なくありません。年金受給者の個人再生について個人再生は住宅ローンを除いた借金を5分の1に圧縮し、再生計画に基づき弁済していく借金解決するための法的手段です。全ての債務が免責されるわけではありませんので、...

借金の金額が大幅に免責される個人再生は、多重債務や多額の借金で苦しんでいる方の救済方法の一つで、実行することで多くの人が再起を果たしています。しかし、なかには再生計画が失敗に終わる場合もあります。ここでは個人再生の成功するための秘訣についてもまとめていますので、借金問題解決の参考としてご覧下さいね!個人再生が失敗するケースについて個人再生は裁判所への申立てから始まり、手続き開始、認可決定、確定によ...

会社経営している社長やその役員が、個人的に借金をして返済が滞ってしまった場合、債務整理したらどのような影響があるのか?ここでは個人再生する場合の要件や問題点をまとめていますので、法人・会社の経営者で、借金問題で悩んでいる方は参考としてご覧下さいね!会社経営者・役員の個人再生について法人を対象としている民事再生手続を個人でも利用できるように設けられたのが個人再生の手続です。小規模個人再生と給与所得者...

小売店や飲食店など個人経営している方のなかには、順風満帆に営業しているところもあれば、売上が低迷しているところなど様々としています。そして、資金繰り等で借金を繰り返し、最終的に返済が滞ってしまっている方もいることでしょう。ここでは個人事業主の個人再生について、注意する点や問題点を含め、成功のポイントを紹介!借金返済で悩んでいる自営業の方は参考としてご覧下さいね!自営業・個人事業主の個人再生は可能?...