モビット借入で個人再生する方へ

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

モビット借入で個人再生する方へ

カードローンのモビットは、20歳以上の大学生から69歳まで、安定した収入があればお金を借りることができます。審査が通れば、即日融資してくれますので、急な入り用がある場合はとても便利です。しかし、限度額であればいつでも引き出しできるため、計画なしで借入れを繰り返すうちに、返済が滞ってしまう人も少なくありません。

 

ここではモビットの借金解決として個人再生に注視していますので、返済に困っている方は参考としてご覧下さいね!

 

モビットは個人再生できるのか?

 

SMBCモビット特徴

 

  • 貸し出し限度額が800万円
  • 自宅郵送物なし・電話連絡なし・最短30分の審査回答
  • 無担保、保証人不要

 

モビットはSMBCモビットに社名変更し、三井住友フィナンシャルグループの個人向けローンとなります。WEB完結型サービスを最初に展開した会社で、クレジット機能を利用するとTポイントが貯まるTプラスカードが代表的です。そしてカードローン会社は多数あるなかで、大手都市銀行のグループ企業の傘下であることから信用度は高く安心して利用できるキャッシングローンとなります。

 

また、利用者のニーズに応えたサービスと3.0%~18%と低金利設定、他社よりも高額な借入が可能!審査基準については大手消費者と同程度としています。

 

モビット返済が滞ってしまうと

 

  • 督促
  • カードの利用停止
  • ローン契約の終了
  • 法的手段で給料差押え
  • 信用情報に滞納歴が残る

 

SMBCモビットへの支払いが滞納した際は、催促等の連絡など行動が迅速、2ヵ月ほどの滞納でも訴えてくることがあるといった口コミが見られます。また、モビットは、債務整理の受任通知を送付してから約6ヶ月以内に何らかの手続をしなければ、訴訟を提起して債務名義を得ようとします。そのため返済が困難な状況に陥ってしまったら、何らかの手段を考え早期の行動が必要です。

 

法的手段による解決策

 

返済が困難になると他社へ借り換えする方もいますが、自転車操業となり最終的に支払い不能に陥ってしまうことも。そのため、法的手段である任意整理、個人再生、自己破産の債務整理を行うことが、モビット借入の根本的な解決が期待できる方法と考えられます。

 

そして、現在の債務や生活の状況により、方法を選ぶことができます。少額であれば比較的簡単な手続きの任意整理なら、モビットも素直に交渉同意してくれるようです。また、現在、無職でいる方は、自己破産を検討する必要があり、比較的、高額な借入で住宅は絶対に残したいという方は個人再生が向いているようです。

 

個人再生が向いているモビット借入者

 

  • 一定の収入はあるもの、借金が多くて返済の目途が立たない
  • モビットだけでなく複数社から借入している
  • 住宅ローンの支払いは継続したい

 

個人再生は住宅ローンを除外した全ての債務を対象に、5分の1に圧縮した債務を3年間で分割して弁済していくのが一般的です。モビットだけでなく複数社からの借入れで返済が難しい場合は、個人再生により借金返済の目途を立てることができます。また、住宅ローンは継続して支払うことができますので、マイホームを失う心配もありません。

 

ブラックリストから削除されれば、債務整理した会社以外なら借入は可能ですが、モビット個人再生した場合は、モビットからは一生涯お金を借りることはできません。これまでの取引事実として独自に記録が残されていますので、債務整理したことで既に信用はありませんので貸すことはありません。もちろん他社のローン会社も同様で、借金を踏み倒された相手に、わざわざ融資する会社はいないでしょう。

 

モビットの返済が困難な方は法律の専門家へ相談

 

SMBCモビットは返済が滞ることで、早期に法的措置を採ることでも知られていますので、対応が遅ければ給料の差押えなども考えられます。そのため早めに借金問題に精通している弁護士、司法書士に相談して、状況に応じた債務整理手続きをする必要があります。

 

昨今では無料で借金返済相談を実施している法律事務所等が増えていますので、モビットなどカードローン返済が滞納している方は、積極的に足を運んでみてはいかがでしょうか。良きアドバイスとして参考にすることができ、問題解決するための足掛かりになることが期待できますよ。