個人再生後も車に乗りたい!残せる?

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

個人再生後も車に乗りたい!残せる?

個人再生の一番のメリットは自宅を失わずに借金を大幅に減額することがあげられます。そのため優先順位としてはマイホームを守ることが先決としています。しかし車を保有している方では、失ってしまうのではないか、または個人再生後でも車を残せることができるのか気になるところでもあります。ここではカーローンの支払いがある場合とない場合の注意点などもまとめてみましたので、今後の参考としてご覧くださいね!

 

 

車のローンが残っている場合の個人再生

 

一般的には車の所有権がローン会社のものであれば、債権者により引き上げられることとなります。そして個人再生の手続きを始めた場合には、支払を停止しますので期限の利益の喪失と言ってローンの全額を一括で支払わなければならなくなります。一括返済ができない場合は、ローン会社が車を引き上げて売却しローンに充当します。それでも完済することができず残債となる場合には、個人再生の手続きに乗せる必要があります

 

通常、車のローンを組む場合は所有権留保事項といって返済が滞ったときにはローン会社側がすぐに車を引き上げることができるようになっています。しかし所有権留保がされていない場合もまれにあり、その場合には車の引き渡しを拒むことができます。

 

そこでローン会社ではなく販売会社やディラーが所有権としている場合には、債権者からの引き上げ要求があっても拒否することができます。その際には車は手元に残したまま、個人再生によって圧縮したローンを再生計画に沿って支払っていくことができるとしています。

 

個人再生後も車を保有できるケース

 

  • すでにカーローンが完済としている
  •  

    車のローンをすでに完済している場合や、現金一括で購入されている場合では個人再生手続きをしても車を維持することができます。

     

  • 所有名義が債務者本人でない場合
  •  

    親や奥さんの名義でローンを組んだ場合には、車の名義が債務者本人ではありませんので債務整理手続きに関係なく車を保有することができます。

     

  • 仕事上、必要不可欠とする場合
  •  

    仕事をするにあたってどうしても車が必要な場合として、個人タクシーや個人宅配の請負い業者や運送などがあげられます。車がなければ収入がなくなり生計を立てることができませんので、その場合には別除権協定により車を守ることができます。

     

    別除権協定とは車ローンの債権者と協議、交渉して車の担保権を行使しない条件として、個人再生計画とは別に車の時価価値と同等の金額を債権者に分割返済する協定を結ぶことを言います。

     

  • ローン残債を一括で支払う
  •  

    親族や友人などに頼みまたは自分で一括で返済することができれば残すことも可能としています。

 

高級車を所有している人は注意!

 

裁判所に個人再生の申し立てをする際には、持っている資産を申告する必要がありそれは車も含まれます。その資産をお金で評価した合計金額が最低弁済額として、支払わなければならない金額の基準の一つになります。そのため高給な車を所有している場合にはその基準が高くなることが考えられます。