個人再生後はクレジットカード作れないの?

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

個人再生後はクレジットカード作れないの?

マイホームを失わずに借金問題を解決する方法とした個人再生により、多くの人が再建を図ることができるとしています。個人や自営業で安定した収入としている人が手続きを行うことができ、住宅ローンを除いた債務が5000万以下とした借金が対象となります。

 

大幅な減額とし自宅を残したまま、計画的に返済することができれば完済となりますのでメリットが大きい債務整理方法としています。しかしメリットがあればデメリットがつきものとするのも当然のことでもあります。どの債務整理においても信用情報機関に事故として記載されてしまうことがあげられます。

 

 

個人再生後はお金が借りられない?

 

信用情報にブラックとして記載されている間では、使用していたクレジットカードや消費者金融カードローンは当然のこと、他社からの借入れも一切できなくなります。また新規に契約すれば大丈夫であろうと安易に考えている人もいますが、こちらも個人再生後であれば新たにクレジットカードをつくることはできません。

 

なぜなら貸金業者は新規に契約する際には、その個人の信用情報を確認をしますのでブラックとして記載されていれば審査を通すことは考えられません。よって申込みした際には審査が通らずに契約することができないとしています。貸す側として返済能力の他に信用性も重視しますので、ブラックとしていればなおさら貸すことはありません。

 

未使用のクレジットカードなら使用可能?

 

しかし債務整理する以前に複数のクレジット会社との契約により、未使用としているカードを持っている人も少なくないようです。またお金を借りるためでもなくガソリンスタンドなどではポイント加算とするためにクレジット機能付のカードを所持している人もいるのではないでしょうか。

 

そのため今まで使ったことがないクレジット会社であれば使用することが可能としています。しかしそれは更新までとして信用情報の確認により再発行は難しいようです。

 

携帯電話の支払いが気になる?

 

これまで携帯や保険、公共料金など毎月の支払いを自動的に決済されるクレジットカード払いとした場合は、直接携帯会社や保険会社などに変更の申し込みをする必要があります。また携帯料金など滞納していれば、そのクレジット会社も個人再生の対象となり携帯電話の使用はできなくなります。

 

携帯電話は生活の一部としており、今ではなくてはならない必需品としています。そのため新規で契約する際は支払いはクレジット払いではなく、今後は現金払いとしなければなりません。また一般的には機種代はローンとしていますが、それもできませんので一括での支払いでないと購入することができません。

 

ブラックからホワイトになるには!

 

個人再生後にクレジットカードを作るには、信用情報事故から削除されホワイトとなることが条件としています。5年程を目安としていますが、削除されたからといって通知がくるわけではありませんので正確な日にちを特定することはできません。しかし信用情報機関に申請することで現在の情報を確認することができますので、削除され1日でも早くにカードを作りたい方はおすすめとなっています。

 

ちなみに債務整理した貸金業者においては、ホワイトとしても会社の履歴にしっかりと残っていますので今後の融資はないものと考えなければならないようです。