任意整理完済後に住宅ローン組める?

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

任意整理完済後に住宅ローン組める?

債務整理をした後にカードローンの借入れやクレジットでの支払いができなくなることは、十分承知としている人も多いのではないでしょうか。そこで家庭を持っている方では、そろそろマイホーム購入を検討している方も多いようです。しかし以前に任意整理をしたという方では住宅ローンが組めるのか不安なところでもあります。

 

 

任意整理のブラックリストはいつ消える?

 

債務整理をすると各信用情報機関に事故情報として記載されます。そこでそれぞれの機関によっては消去されるまでの登録期間が異なります。受任通知から和解までの間に登録されることになっており、そこから5年程は記載されることとなります。

 

信用情報事故の消去以降なら住宅ローンも可能!

 

任意整理をした人でもマイホームのためローンを組み購入している人もいます。しかし一般的に完済は3年を目安としていますので、完済したからとブラックリストから消去されることはありません。上記でも記したようにたいていは5年を目安としています。そのため任意整理完済後、すぐに住宅ローンを組むことはほぼ不可能としています。

 

しかし消去されることによって借入れが可能となりますので、5年を過ぎてからローンを組むことができますので安心しても良いようです。

 

消去されたか気になる人は開示請求

 

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 

上記の信用情報機関のHPには開示方法の説明が記載されていますので確認してみてはいかがでしょうか。開示した内容が誤っている場合には、信用情報の訂正・削除をしてもらうことができます。だからといって故意に消去することはできず、手数料を払えば削除するといった詐欺には気をつけたいものです。

 

5年を目安としていますが、早ければ5年を待たずに消去されるケースもあります。消去された事実は機関から連絡がくることはありませんので早くに、借入れやローンを組みたい方は近くになったら確認することをおすすめします。