個人再生は会社にバレる?

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

個人再生は会社にバレる?

昨今では多くの人が銀行や消費者金融からお金を借りている人が多く存在しています。たいていの方は計画的に返済をすることができ、借金をしているという自覚はないと言っても良いようです。しかしそのなかには何らかの理由により返済が滞ってしまったり、困難としている方も少なくないようです。

 

そこで借金で生活、経済的に困窮している人の救済として債務整理を行う人がいます。その中でマイホーム、財産を失わずに借金問題の解決が期待できる個人再生は会社にバレてしまうのか気になる方もいるのではないでしょうか。カードローンやクレジットの支払いなら誰もが利用していますのでそれほど気にすることはありませんが、返済ができない状況としていることは特に職場の人には知られたくないものですよね。

 

上司であったり、同僚、部下などに知られることでプライドが許さないという方もいることでしょう。また今後の昇進に影響がでるのではないか、クビになってしまうのでは・・・不安となる人もいるようです。

 

 

会社に内緒で個人再生は可能!

 

会社関係の借金がなければ、個人再生をしても会社にバレることはないようです。しかし個人で行う場合では書類作成や裁判所へ足を運ぶ機会も多く、会社を休んだりすることで仕事に支障をきたすことも考えられます。そこで専門家である弁護士に依頼することで代理人として手続きを行ってくれますので、それほど休むなく手続きが完了することが期待できます。

 

また信用情報機関に事故として記載されるもの、職場の人に知られることはありませんので安心しても良いようです。そして政府が発行している機関紙の官報にも記載されますが、一般の方が目にすることはなく金融機関や官公庁の一部の人としていますので心配する必要はないようです。

 

公務員の個人再生はバレることも?

 

多くの公務員の方では共済組合からお金を借りている人もいるようです。低金利としていますので、車購入やマイホーム購入の際など用途は多々あります。そこで借入れをしている場合では個人再生は債権者を選択することができませんので、手続きを行うことで裁判所から通知が届くことは避けられないようです。そこでその事実が一部の人に知られることとなります。

 

そのためどうしても知られたくない場合には任意整理を選択することで、バレずに借金整理を行うことができます。また前もって信頼できる上司に話しをすることで、他言することなく同僚や部下に知られず個人再生を行うこともできるのではないでしょうか。

 

個人再生を理由に解雇はある?

 

万が一、個人再生をしたことがバレテしまった場合、会社をクビになってしまうのか心配な方もいるのではないでしょうか。また部署の異動や転勤、昇給、昇進などに影響がでるのではないか、不安なかたもいるようです。しかし債務整理をしたからといった理由でのその様な行為は不当とし、退け、訴えることもできます。

 

ですが個人再生の手続きで頭が一杯で通常の業務を怠ったり、失敗をすればその責任を取らされることもあります。そこで専門家に任せることで、安心して仕事に取り組むことができるとしています。