借金500~1000万で自己破産

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

借金500~1000万で自己破産

現在の収入で500万~1000万の借金を返済するのは困難としている方では、債務整理を検討している方もいるのではないでしょうか。高収入としていれば自力の返済は可能としていますが、平均並みの年収としていれば難しくなります。

 

そこで副業によりかなりの収入を得ることができれば可能としていますが、実際には年齢や時間の問題などもありますので成功する人は少ないようです。そこで借金が全額免責となる自己破産で借金500万、600万、700万そして1000万でも可能か気になる人もいるようです。

 

 

自己破産は最後の手段!

 

多額の借金がある場合に考えられる債務整理としては、まずは個人再生を視野に入れることになります。安定した収入が条件としており、5000万以下であれば手続きが可能としています。しかし何らかの理由により働けなくなった!病気による長期入院で収入の見込みがない!という人など様々な事情を抱えている債務者もいます。

 

そうなると最終手段として自己破産を選択をし、人生のリセットを行うことが最善の方法とする場合もあります。裁判所に申請、手続きをして認められれば、借金地獄から解放されることが期待できます。自宅や不動産、財産など一部を失いますが、もともと私有財産がない方にとっては失うものはそれほどないとしています。

 

借金500万~1000万の自己破産が認められない場合も?

 

游興費やパチンコ、パチスロ、競馬、競輪などによって多くの負債を抱える人も珍しくはないようですが、それだけの理由としている場合では免責事由として認められない場合もあります。しかしギャンブルを含め、その穴埋めのための生活費の借入れなども認められれば承認されるケースもあります。

 

そこで自己破産できるかどうか不安のある方は、まずは弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。そこで個人再生でも手続き可能としている場合もあり、自己破産の選択とする状況であるのかの見極めも専門家により診断してもらうことも大切となります。

 

特に自宅がある方では自己破産により家を失うこととなりますので、債務整理は最善の方法で慎重に決めたいものでもあります。