奨学金は借金があってもOK?

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

奨学金は借金があってもOK?

大学や短大、専門学校へ進学する際にネックとなるのが、入学金や授業料としています。そこで奨学金制度を利用している学生は多く存在しており、卒業後に返済している人がいます。そこで現在、お子さんを持つ親として今後の進学にお金の心配、不安を抱えている方も少なくないようです。特に借金がある家庭では、奨学金を受けることができるのか気になることでもあります。

 

 

日本学生支援機構の奨学金に注目!

 

2004年に日本育英会、財団法人日本国際教育協会、財団法人内外学生センター、財団法人国際学友会、財団法人関西国際学友会が合併し設立されました。第一種の無利息、第二種の低金利の貸付としており、本人の成績や家庭の経済状況により貸与金額が異なります。

 

実質的には親が借りるのではなく学生本人が借りますので、親が借金を抱えまた滞納していても関係なく奨学金を受けることができます。返済義務としているのは借りた本人(学生)としており卒業後に返還していくこととなります。しかし貸付は進学してからとなり、その前の借入れはできないとしています。

 

奨学金を借りる際の注意点!

 

  1. 入学前に申込み
  2. 大学、短期大学、専門学校へ進学してから申込み

 

どちらとも高校の成績による条件があり、無利子としている第一種では審査も厳しく、反対に低金利としている第二種では緩くなります。そのため1年生のころからしっかりと勉学に励み、良い評価を得る必要があります。

 

早い段階で高校卒業の進路を決めることで、今後必要な教育費のプランを立てることも大切となります。現在の家庭の経済状況が厳しいとされるなら、高校在学中に進学時の奨学金を視野にいれておくことが大事でもあります。

 

借金がある場合の銀行教育ローンは可能?

 

現在、消費者金融でのカードローンやクレジットカードでの借入れをしている方では、銀行の教育ローンの審査はかなり厳しいものとなるようです。しかし少額の借入れで延滞することなくきちんと返済していれば、銀行は総量規制の対象外としていますので教育ローンの融資を受けるチャンスも可能としているようです。

 

日本学生支援機構の奨学金は進学してからの貸付となりますので、入学金や前期授業料の納付など用意ができない場合には銀行からの借入れで賄うことができます。しかし以前に債務整理や延滞したことがあれば、残念ながら融資を受けることは難しくなります。