個人再生は弁護士・司法書士どっちがいいの?

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

個人再生は弁護士・司法書士どっちがいいの?

債務整理を検討している方ではたいていは、自身で行わずに専門家に依頼することが考えられます。そこで個人再生は弁護士、司法書士のどちらに依頼するべきか?悩まれる人も多いのではないでしょうか。どちらも債務整理を行うことができ、経験豊富な事務所ではどちらにしても個人再生の実績が多数あるとしています。

 

 

弁護士、司法書士の役割を比較

 

  • 弁護士
  •  

    法律の専門家として身近な問題や事件など、法的アドバイスをしたりするなど社会生活上の医師的存在でもあります。基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命として職務を行っています。そして弁護士が扱う事件には大きく分けて民事事件と刑事事件があり、債務整理は民事としての扱いとなります。任意整理、個人再生、民事再生、自己破産などどの方法においても対応することができます。

     

  • 司法書士
  •  

    主に不動産、会社の登記、書類作成などを仕事内容としていましたが、平成14年の司法書士法改正により示談交渉権や簡易裁判所代理権が認められるようになりました。そのため債務整理業務においては任意整理の手続きを行うことができるようになりました。以前では個人再生、自己破産手続きに関しては書類作成代理業務として行っており、完了するまでサポート役として身近な相談者としていました。

 

個人再生を弁護士に依頼するメリット

 

裁判所への申立てから手続き完了するまでフルサポートしてくれるのが弁護士となっています。代理人として行うことができますので、書類作成から裁判所からの呼び出しにも同席し質問に答えることができます。そして代理人として申立てを行うことで再生委員を原則として選任する必要がありませんので、その分の費用がかからないこともメリットの一つでもあります。

 

個人再生手続きはかなり複雑としていますので、仕事で忙しい方や平日時間が取れない方は特に困難とする場合もあります。そのため弁護士に依頼することでトータル的に任せることができますので、仕事を度々休むことなく再建を図ることが期待できるとしています。

 

司法書士へ依頼する場合の注意点!

 

  1. 地方裁判所では代理人として活動することができない
  2.  

  3. 裁判所から再生委員をたてることを命じられる
  4.  

  5. 個人再生委員への報酬費用がかかる

 

個人再生は地方裁判所への手続きとしており、司法書士に依頼した場合には代理人としての申立てをすることができず本人による手続きとなります。もちろん複雑としている書類作成などは行ってくれますが、裁判所での審問は同席はできるもの発言は許されずに本人が回答する必要があります。そのためそれなりの知識を持っている方なら良いのですが、何もわからずに出席するには不安とすることも予想されます。

 

弁護士と司法書士の個人再生費用比較

 

一般的には司法書士事務所の方が債務整理費用の設定は低価格としています。そこで個人再生の費用に注目すると報酬としては安い料金としていますが、再生委員の選任による裁判所への支払いが追加されますので、統計的にはどちらも変わらない金額となるところも多いようです。

 

そのため総合的に費用がそれほど変わらないのであれば、フルサポートとしている弁護士に個人再生の依頼をすることが懸命のように思われます。しかし司法書士事務所では代理人としてサポートはできませんが、頼りになる存在としてバックアップ体制としているところもあり格安としていればなおさら見過ごすには惜しいところもあります。