借金200~300万で個人再生

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

借金200~300万で個人再生

どのような理由で多額の借金をしてしまったのか?実際、債務を抱えている方では自問自答している方もいるようです。住宅ローンの負担もかなりの要因としていますが、その他には無計画な借入れやギャンブル、游興費などもあげられるようです。そこでマイホームを失わず今後の再建の道が開かれるとして、200万~300万の借金で個人再生を行う人が増えているようです。

 

 

個人再生で300万の借金が100万に!

 

小規模個人再生では負債総額が100万以下の場合では全額返済となりますが、100万~500万までなら100万返済すれば他は免除となります。5000万以下なら個人再生の手続きができ最高で5分の1までの負債とすることができます。

 

債務の総額により免責となる金額は異なりますが、かなりの減額が期待できるとしています。また返済の総額に対して利息がつくこともありませんので、計画的に返済することで3~5年程で借金200万~300万を完済することが期待できます。

 

マイホームがあるなら個人再生が最適!

 

住宅ローンや税金など以外の借金を減額することができ、家や不動産、財産を失うことなく返済することができます。特に多額な借金を抱えている方で自宅を失いたくない方には最適な法的手段としています。しかし申請できる条件として、安定した収入としている人が対象となっています。

 

収入によっては3年~5年の返済が不可能、困難としている場合には自己破産も視野にいれておくこともあるようです。個人再生は一度でも無断で滞納をしてしまうと借金がもとに戻ってしまいますので、生活状況や現在の年収によっては手続きすることはできないとしてまずは専門家に相談する必要があるようです。

 

個人再生なら弁護士がおすすめ?

 

債権者との減額、分割の交渉により賛成を得る必要がありますので、専門家に依頼することで失敗することなく成功することが期待できるとしています。和解に応じない貸金業者もいますので、個人での手続きはかなり困難としているようです。

 

また弁護士では代理人として出席することもできますので全面的に任せることができるとしています。反対に司法書士では書類作成やその他手続き終了までサポートしてくれますが、裁判所の呼び出しでは本人が行かなければならいこともあります。