借金は一本化するべきか?

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

多重債務者は借金一本化するべきか?

最近、広告やネット、CMでもよく目にしたり聞かれるのがローンの一本化やおまとめローンなどがあります。消費者金融や銀行においても力を入れている金融商品となっていますが、果たしてお得なのだろうか?気になる人もいるのではないでしょうか。

 

総量規制により多重債務者は減少しているもの、複数の借入れをしている人は多く存在しています。そこで借金を一本化するべきか?検討している方も多いようです。おまとめローンとは複数の貸金業者を一本化して借金を返済していくこととなります。ここでは銀行や消費者金融のおまとめローンのメリットやデメリットに注目しどのようなものか紹介したいと思います。

 

 

おまとめローンで楽々返済?

 

借金を一本化するメリットは返済日を1回にまとめることができることがあげられます。これまでにいくつかの借入れ先の返済を指定の日に支払わなければならず、面倒という人もいたのではないでしょうか。またうっかり忘れそうになったり、実際に延滞してしまったという方もいるようです。そこでまとめることで1回の支払いで済みますので、管理がしやすく返済の延滞を回避することもできます。

 

毎月の返済額がこれまでよりも少なくなります。これまで別々に支払っていた頃よりもまとめることで少額になることで、収入が厳しい方では毎月の返済が楽になります。

 

金利が低くなります。消費者金融、銀行によっては金利は異なりますが、まとめることで高額な借入れとなるため金利がこれまでよりも低くなることが考えられます。おまとめローンでは一般のローン、キャッシングよりも低い金利を設定しているものが多くなっています。

 

ローン一本化の落とし穴とは?

 

  1. 完済までの期間が長くなり、結果的に返済総額も増える
  2.  

    毎月の合計の返済額が少なくなるということは、それだけ返済期間が伸びてしまうことは必然的なことでもあり理解することはできるのではないでしょうか。また金利が下がったとしても支払い期間が長ければそれだけ金利の支払いも増えますので完済後、返済総額がまとめる前よりも多くなるケースがあります。

     

  3. 金利が下がらない
  4.  

    低い金利であるところほど審査も厳しくなりますので、やっとの思いで審査が通ったところで一本化しても金利が下がらない場合もあります。

     

  5. 審査が通らない
  6.  

    銀行では低金利としているところが多くありますが、審査が厳しいことがネックでもあります。そこで審査の緩い消費者金融のおまとめローンに申し込んだもの却下されてしまったという人も少なくないようです。その理由としてこれまでに延滞をしていたり、4社以上の借入れをしている方では返済能力の信用性が欠けるとして審査に落ちることが考えられます。

     

  7. 完済後にまた借金をしてしまう
  8.  

    全て完済した後にその貸金業者から増額した融資枠や更に利息を低くしてお金の融資の誘いのお知らせが届くことがあります。そこで誘惑に負けて借入れをし、また借金生活を送ることも考えられるようです。

 

カードローンを一本化するべきか悩んでいる方では、月々の返済を楽にしたいのか?それとも早くに完済したいのかの目的によっては銀行系、消費者金融のおまとめローンの利用を検討する必要があるようです。金利も安く、毎月の返済も少なくなるとしているのが一番理想的ではありますがなかなかそうもいかないようです。

 

しかし複数の借入先を一本にすることで、今後のお金の管理がしやすくなります。そして自分にあったおまとめローンを選択することで、これからのマネープランの見直しをすることができるとしています。