任意整理とは?メリット・デメリット

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

任意整理とは?メリット・デメリットを徹底解説!

誰もが借金をしたくてするわけではありません。何らかの事情によりクレジットカードや消費者金融からの借入れなどするうちに、返済が困難な状態となる人は昨今では珍しくはないようです。総量規制により多重債務に陥る人は減少しているもの法的手段である任意整理を行う人はまだ多く存在しているようです。

 

そこで現在、借金問題を抱えている方では、債務整理を検討している方もいるのではないでしょうか。一人で悩むだけでは解決には結びつきませんので早めの対処が必要となります。そこで法律の専門でもある弁護士、司法書士に相談すべきでもありますが、その前に自身においても知識を身につけたいところでもあります。

 

任意整理とは?気になる方も多いかと思われますのでここではメリット・デメリットをまとめてみましたので、今後の借金返済の参考としてご覧くださいね!

 

 

任意整理を簡潔にまとめてみた!

 

経済的に苦しく債務返済が困難状態である場合に手続きすることができます。任意整理は裁判所を通すことなく債権者と債務者(代理人)との交渉し和解することで計画的に借金を返済していくことになります。そこで利息制限法による引き直し計算をし債務を減額し、将来にかかる利息も免除となります。一般的には3年をめどに分割して返済し完済となります。

 

一人での手続きも可能としますが、労力、体力、時間がかかりますので特に働いている方では現実的に厳しいかもしれないようです。また債権者との交渉では足元を見られてしまい思うように和解することが難しい場合もありますので専門に任せるのが望ましいようです。

 

果たして任意整理のメリットとは?

 

  • 裁判所が関わる事がないので比較的に手続きが簡単
  • 複数の債権者の場合では任意整理する会社を選択することができる
  • 利息制限法により引き直し計算で借金の金額が減り完済が早まる
  • 過払い金が発生している場合は取り戻せることができる
  • 任意整理案にそって計画的に返済できる

 

後悔?任意整理のデメリットを解説!

 

  • 信用情報機関に信用事故として記載される
  • 借金が全額なくなるわけではない
  • 弁護士、司法書士に依頼することで報酬が発生する
  • 個人での交渉が困難な場合もある
  • 債権者が和解に応じない場合は次の手段を選ばなければならない

 

任意整理にはメリット・デメリットがありますが、自己破産のように借金が全額なくなることはありません。しかし任意整理をすることでこれまでに借金問題で頭を悩ませ不安な日々からは解放され、無理なく計画的に返済することができます。きちんと支払っていくことで借金のない新たな生活を送ることができるようになります。また過払い金が発生している場合では取り戻したお金で借金を返済することもできます。

 

しかしブラックリストに載ることで、5年程は銀行、消費者金融などのカードローンの借入や新規申込みができなくなることが一番のデメリットと考えても良いようです。これまでクレジットカードやキャッシングの生活をしていた方ではすべてが現金の生活となりますので、任意整理をして後悔したという方も実際に存在するようです。

 

そこで考えようによってはここできっぱりと生活の見直しをすることで今後、借金生活に後戻りすることなくライフプランを立てることができるとして前向きに考えてみてはいかがでしょうか。