任意売却とは?メリット・デメリット

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

任意売却とは?メリット・デメリットを徹底解説!

夢のマイホームを建てることはできたもの何らかの事情により、住宅ローンの支払いが困難としている人もいるのではないでしょうか。急に収入が減ってしまった、長期の入院で収入の見込みがないなど様々な理由としていますが、債権者は借金の返済を待ってくれるわけではありません。

 

そこで気になるのが任意売却とはどのようなものか?関心を高めている方もいることでしょう。聞いたことはあるけど実際に借金の返済のための手段として検討している方もいるようです。ここでは任意売却のメリットやデメリットについてまとめてみましたので、これからの参考としてみてはいかがでしょうか。

 

 

任意売却で借金返済!

 

長期の返済計画を立て支払っていくのが住宅ローンとなっています。任意売却とは何らかの事情によりローン返済ができなくなってしまったときに、借入先の金融業者の合意のもとマイホームを売却することをいいます。売却したときのお金は代位弁済してくれた貸金業者へと払い、まだ債務が残っている場合は分割にして返していきます。

 

任意売却は裁判所が介入しない為、債務者自らの判断で行うことが出来る融通の利く手続きとなっています。しかし通常の家売却はローンの残債を一括で支払ってから売却しますが、残債務が残っている場合は不動産登記された抵当権や差押えなどの解除が必要となります。

 

そして任意売却を認めない金融機関もあり延滞が長引いた時点で交渉しても合意にならない場合もあり競売にかけられてしまうときもあります。売却のタイミングによっては良し悪しと左右されることもありますので、専門家に相談することをおすすめします。順調に解決するまでに早ければ1~3ヵ月で売却することができ借金を完済または、残債務があっても計画的に返済することができれば新たな生活を送ることができます。

 

任意売却のメリット

 

  • 市場価格や相場に近い価格での売買が期待できる
  • 債権者との話し合いで無理のない返済計画がたてられる
  • 引っ越しの時期や条件など融通がきく
  • 近所に知られることがない
  • 売却代から引っ越し代として配分されることも期待できる
  • 全ての手続きの諸費用は売却費用から配分されるためかからない

 

任意売却のデメリット

 

  • 手続きや交渉の手間がかかる
  • 債権者の同意を得ることができない場合もある
  • 保証人の同意が得られない場合には競売となることも
  • 内覧の立会いをしなければならない

 

任意売却を検討しているなら経験豊富な任意売却業者に依頼することが成功への早道でもあります。住宅ローンの返済が滞ると、債権者は法的手続きで貸した資金の回収を図ろうとし競売の手続きと入ります。競売が完了するまでに任意売却を成功しなければならず時間との勝負も考えられ、スキルの高い専門家にお願いすることで債権者との交渉などスムーズにことを進めることができ成功することが期待できます。