個人再生とは?メリット・デメリット

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

個人再生とは?メリット・デメリットを徹底解説!

法的手段である債務整理の個人再生とは、裁判所を通して借金を背負い経済的、生活に困窮している人が行う手続きとなっています。返済が困難な状態として個人、会社が再生して新たなスタートを送ることができるとしています。そこで現在、債務がかさみ返済が滞ってしまっている方もいるのではないでしょうか。

 

そのまま放置することで、更に傷口を広げてしまうことが考えられ最終手段として財産を手放さなければいけない状態に追い込まれることも予想されます。そのため早めの対策が必要となりますが、まずは個人再生のメリット・デメリットを知ることも今後スムーズに債務整理を行うことができると言っても良いようです。

 

 

3つの個人再生を解説!

 

  1. 小規模個人再生
  2.  

    一定の収入があることを条件とし、住宅ローンを除いた負債額が5,000万以下なら申し立てが行えます。最高、借金の5分の1が免責となり、また農家や個人でのお店でも一定の収入があれば認められます。ただし債権者側の半数の承認を得ることが必要となります。ほとんどの方がこの方法での手続きとなります。

     

  3. 給与所得者等再生
  4.  

    債務額ではなく本人の払える金額をもとに返済金額が決まりますので、小規模よりも多く借金を返済していきます。貸金業者の承認を得る必要がないため、小規模での申請に反対が多い場合にはこの方法での手続きを行う場合もあります。

     

  5. 住宅貸付債権の特則
  6.  

    家を失わないために住宅ローンの返済の猶予,延長により再生を目的として行う制度となります。個人再生の手続きと一緒に申請することで、自宅が抵当に入れられ競売にかけられることを防ぐことができます。

 

個人再生のメリットとは?

 

  • マイホームや財産を失うことはない
  • 住宅ローンを除いた負債額の5分の1が最高で免責されるため任意整理より大幅に減額となる
  • 再生計画により無理なく借金を返済することができる
  • 場合によっては計画を裁判所に申請することで一部延長も認められる
  • 個人も法人も再生の道が開かれる

 

個人再生のデメリットが気になる!

 

  • 自己破産のように全額免責とはならない
  • 官報に記載
  • 信用情報機関に信用事故として記載
  • 費用がかかる

 

個人再生の手続き後の注意点

 

  1. ブラックリストとして記載されてしまいますので5年~10年、消去されるまでは銀行や金融機関、クレジット、カードローンの借入れや新規申込みができなくなります。そのため生活の見直しをしっかりとして現金生活が中心となります。そこで法外な利息を請求する闇金には、絶対に手を出さないようにしなければいけません。
  2.  

  3. 返済を1日でも延滞すると債権者が裁判所に取り下げの申し立てをし、借金がもとに戻ってしまいますので遅れることなく計画通りに返済をしなければなりません。何らかの事情により支払いが困難とした場合には、裁判所に申請することで延長が認められる場合もありますので延滞する前に相談することをおすすめします。