グレーゾーン金利とは

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

グレーゾーン金利とは?過払い金との関係性

過払い金と一緒にによく聞かれるグレーゾーン金利とは?気になる人もいるのではないでしょうか。成人の5人に1人がキャッシング利用をしているという統計が見られますが、利息制限法の改正以前では高額な利での貸付としている消費者金融が多々存在していました。

 

そこで利息の改正に伴い、近年では過払い金請求により払い過ぎた利息を取り戻すことができるようになり多くの人が返還を求めるようになりました。期限は迫りつつはありますがまだ請求できる人もいますので、今後の参考としてグレーゾーン金利の仕組みを紹介したいと思います。

 

グレーゾーン金利とは利息制限法以前の金利20,0%と出資法の29.,2%のあいだの金利のことをいいます。そして多くの消費者金融業者はこの金利で貸し付けており、2006年には裁判所でこれを認めないとしてそこから過払い金請求を求めることとなりました。

 

 

利息制限法に定める上限金利

 

  1. 元本が10万円未満 年20% 
  2. 10万円以上~100万未満 年18% 
  3. 100万以上 年15%

 

利息の超過分は無効となるため払う必要はない!

 

出資法

 

みなし弁済規定により貸金業法に規定される一定の厳格な要件を充足した場合には、定める上限を超える利息の営業としている貸金業者は認められていました。この上限金利が29.,2%となります。改正法施行前(平成22年6月17日まで)は、29.2%を超える金利で貸出を行わない限り処罰の対象とはなりませんでした。

 

そのため多くの貸金業者がこのグレーゾーン金利での貸付を行っていたのが実情としていました。そして多重債務や高額な利息が負担となり自己破産する方が多く存在していました。しかし最高裁は2006年1月、事実上グレーゾーン金利を認めない判決を下し、それにより消費者相談センターなどによる借金相談も減少したと言われています。