自己破産後はアパート借りられる?

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

自己破産後はアパート借りられる?賃貸審査通る?

債務整理をすると今後のカードローンやクレジットなどの借入れが、当分の間できなくなってしまうことは承知としていることでしょう。そこで自己破産後にアパートを借りることができるのか?不安になる方も多いようです。マイホームに住んでいた方では、換価価値として失うこととなりますのでその後の住まいの心配をしなければなりません。

 

もともと賃貸アパートに住んでいる方では家賃を滞納しない限り住み続けることはできますが、自己破産をして新たな賃貸契約する際には問題と注意点があります。ここではそれらを簡潔にまとめてみましたので、これからの参考としてみてはいかがでしょうか。

 

 

信販系の保証会社は避ける

 

昨今では保証人不要とする代わりに、家賃保証会社の審査としているところも多く存在しています。結論のところ特に信販系の会社では、自己破産をした後では審査が通ることはまずないようです。もちろんカードローンやクレジットの審査に通ることはありません。

 

代表的なところとしてはオリコやジャックスとなり、こちらでは信用情報機関の事故情報を確認しますのでブラックリストとして記載されていれば難しいようです。しかし消去されれば審査が通る可能性は高くなりますが、自己破産の場合では約10年程は記載されていますのでそれまでは信販系の保証会社であるアパートは諦めた方が良いようです。

 

しかしそれ以外の保証会社であれば、信用情報機関を調べることなく審査が通るところもありますので落胆することはないようです。

 

家賃保証会社とは?

 

賃貸住宅の契約時に必要な賃借人の連帯保証人を代行する会社で、不動産賃借人との間で保証委託契約を締結する会社となっています。保証料は家賃に含まれており、借人が家賃の滞納をした場合、代位弁済してくれるのが保証会社となります。もちろん後から支払いをしなければなりません。

 

保証人を立てて賃貸契約する

 

家賃保証会社としていないところも多々あります。契約の際には連帯保証人が必要となりますが、不動産会社が信用情報機関で個人情報を調べることはありませんので自己破産後のアパート契約も可能としています。居住される方と保証人の方の前年の年収と勤務先、勤務数などがあれば問題なく借りることができます。

 

高級マンションのように居住する人、保証人の年収に制限がある場合を除けば、一般のアパートであれば賃貸することはそれほど難しくはないようです。