任意整理って失敗例はあるの?

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

任意整理って失敗例・確率はあるの?

債務整理のなかでも最も、手続きの件数が多い任意整理には失敗例があるのか気になる人もいるのではないでしょうか。現在、多重債務に陥っている方や借金の返済が困難としている方も少なくないようです。そこで裁判所を通すことなく手続きができるとして、検討している方では成功して新たな再生の道を歩むことを望むのは当然のことでもあります。そこでここでは任意整理で失敗するケースをまとめてみましたので、今後の参考としてご覧くださいね!

 

 

任意整理に応じてくれない債権者

 

利息制限法による引き直し計算での返済は認めてくれるが、将来の利息カットや分割に応じてくれない債権者もなかには存在します。特に契約期間が短い場合にはその様なケースもみられるようです。また引き直しにより多少の減額とはなりますが、総額があまり変わらず一括請求される場合もあります。和解が成立しなければ他の方法を考えるか、その債権者を債務整理の対象から外して手続きするなど考えなければなりません。

 

経験不足な弁護士、司法書士へ依頼

 

任意整理は債権者との交渉力によって減額される金額など成功、失敗が左右されることもあります。そして1社につき140万を超える負債は司法書士は手続きすることはできませんので、弁護士へ再依頼しなければなくなります。

 

また過払い金が発生する場合でも見積もりの過ちや交渉力によっては、思っていた金額を取り戻すことができない場合もあります。そのため専門家に依頼する場合には、費用が低料金だから、近いから有名だからと安易に決めるのではなく経験豊富な弁護士、司法書士に依頼することも大切となります。

 

まずは一度無料相談で話を聞いてもらい信頼できるところであるのか見極める必要もあるようです。なかには依頼者よりも自分の利益を優先に考えているところもありますので気をつけたいものです。

 

任意整理後に返済が滞ってしまう

 

折角、和解して計画的に返済することで完済し、借金生活から抜け出すチャンスとしているのに返済を滞ってしまう方もいるようです。契約の際には滞納したときの約束をしますが、そのペナルティは債権者によっては異なり、損害金や一括での支払いとなる場合もあります。結局のところ支払いができなくなってしま再度、専門家に依頼しなければいけなくなることもありますので、計画的に支払いすることを心がけなければなりません。