個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

債務整理の種類一覧記事一覧

誰もが借金をしたくてするわけではありません。何らかの事情によりクレジットカードや消費者金融からの借入れなどするうちに、返済が困難な状態となる人は昨今では珍しくはないようです。総量規制により多重債務に陥る人は減少しているもの法的手段である任意整理を行う人はまだ多く存在しているようです。そこで現在、借金問題を抱えている方では、債務整理を検討している方もいるのではないでしょうか。一人で悩むだけでは解決に...

法的手段である債務整理の個人再生とは、裁判所を通して借金を背負い経済的、生活に困窮している人が行う手続きとなっています。返済が困難な状態として個人、会社が再生して新たなスタートを送ることができるとしています。そこで現在、債務がかさみ返済が滞ってしまっている方もいるのではないでしょうか。そのまま放置することで、更に傷口を広げてしまうことが考えられ最終手段として財産を手放さなければいけない状態に追い込...

近年では経済回復とも言われてはいますが特に中小企業においては一進一退としており、会社の経営が破綻状態としているところも今だ存在しているようです。バブル崩壊やリーマンショック以降に比較すれば倒産する会社は減少していますが、経営難としているところは現在も多く存在しているようです。そこで正にその様な状況としている経営者の方では、民事再生に関心を高めている方もいるのではないでしょうか。改善策をしたものの危...

平成15年には最多の25万件という破産件数としており、近年では総量規制による多重債務者の減少に伴い、自己破産する人も少なくはなってきています。しかし現実には借金を背負い返済ができずに日々、不安な生活を送られている人も少なくないようです。20代という若い年齢層から60代、70代としたお年寄りまでもが借金をしながら生活しているのも現状でもあるようです。そこでどうにか返済はしてきたもの急な病気や入院、リ...

テレビのCMでもまだ耳にする過払い金は、期限もまじかとなりすでに取り戻した人も大勢いますがまだ関心を高めている人もいるのではないでしょうか。過払い金請求とは、借金返済の際に利息制限を超えた払い過ぎた利息を返還してもらうための請求となっています。2006年の3000億円弱の返還金を始めピークの2009年には6000億円、2014年には約2700億円の返還金とした統計が出されています。そこで一人で10...

夢のマイホームを建てることはできたもの何らかの事情により、住宅ローンの支払いが困難としている人もいるのではないでしょうか。急に収入が減ってしまった、長期の入院で収入の見込みがないなど様々な理由としていますが、債権者は借金の返済を待ってくれるわけではありません。そこで気になるのが任意売却とはどのようなものか?関心を高めている方もいることでしょう。聞いたことはあるけど実際に借金の返済のための手段として...

債務整理には4つの方法がありますが、そのなかでも目立たない特定調停とは?任意整理との違いは?気になる方も多いのではないでしょうか。簡単に言ってしまえば裁判所を通すか、通さないでの手続きとなっています。特定調停は裁判所が介入し個人と債権者との話合いで合意を得る必要があります。借金を抱え返済不能に陥りそうなときに手続きすることができます。任意整理と同様に一定の収入が継続的にある人が条件とし、債務の引き...

最近、広告やネット、CMでもよく目にしたり聞かれるのがローンの一本化やおまとめローンなどがあります。消費者金融や銀行においても力を入れている金融商品となっていますが、果たしてお得なのだろうか?気になる人もいるのではないでしょうか。総量規制により多重債務者は減少しているもの、複数の借入れをしている人は多く存在しています。そこで借金を一本化するべきか?検討している方も多いようです。おまとめローンとは複...

過払い金と一緒にによく聞かれるグレーゾーン金利とは?気になる人もいるのではないでしょうか。成人の5人に1人がキャッシング利用をしているという統計が見られますが、利息制限法の改正以前では高額な利での貸付としている消費者金融が多々存在していました。そこで利息の改正に伴い、近年では過払い金請求により払い過ぎた利息を取り戻すことができるようになり多くの人が返還を求めるようになりました。期限は迫りつつはあり...

2014年には24年ぶりに会社倒産件数が1万件を下回り、上場企業においてはゼロとしています。しかし中小企業においては借金がかさみ返済が困難としているところは、まだまだ存在しており破産の危機としているところもあるようです。借入れ金や買掛金が膨らんでしまったり、資金繰りに行き詰ってしまい経営がままならなくなってしまった場合には最悪、倒産を覚悟しなければなりません。そこでここでは会社倒産においての破産手...