個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

個人再生費用・比較【個人再生くん.jp】

MENU

個人再生費用安い・比較【個人再生くん.jp】

「個人再生くん.jp」では借金返済・多重債務者として困っている方へ費用の安い・格安の個人再生弁護士・司法書士を徹底比較しているサイトになります。

 

さらには個人再生の評判&口コミ評価なども分析していますので、法律事務所・法務事務所2ch(2ちゃんねる)噂・体験談などをチェック済みの方も必見です!

 

借金地獄で困っているのであれば一読してみる価値は十分にあると思いますので、どうぞ参考にして頂ければと思います。

 

個人再生安い・格安比較ランキング【最新版】

 

費用にプラスαで実績・信頼性を踏まえておすすめランキングを作成しました。

 

低料金での依頼を検討しているのであればまずは無料相談・無料見積で比較してみましょう。人気の弁護士・司法書士に厳選しているから安心!

 

個人再生費用の基礎知識

 

個人再生を専門家へ依頼する時にどのような料金がかかるのか?気になりますよね?

 

さらには平均価格・値段などある程度の相場についても知りたいというのが本音になると思います。特に安い・低料金での依頼を検討されているのであれば絶対に知っておきたいですね。

 

着手金

 

実際に手続きを進めてもらうために納める報酬のことになります。成功するか?失敗するか?結果は問わないのが特徴的になります。

 

基本的には自分の思い通りの結果に行かない場合においても返金されることはありませんので、注意が必要になります。

 

相場価格:数十万円程度。他の債務整理に比べると費用面で高い傾向がある。但し、着手金が無料な弁護士・司法書士も多数ありますので、無理に高額な金額を請求される専門家へ依頼する必要はないでしょう。

 

申立(収入印紙・官報掲載・郵券)費用

 

個人再生申し立てをするために必要な費用になります。主に収入印紙、官報掲載、郵券などになります。

 

相場価格:2~3万円程度。依頼する個人再生弁護士・司法書士によって数万円程度の違いがある場合もあります。諸経費などの差やその事務所の方針によるものですね。

 

再生委員報酬

 

あまり聞きなれない言葉だと思いますので、簡単に説明していきたいと思います。

 

個人再生の申し立てをすると裁判所の独自の判断で再生委員が選出されることがあります。

 

結論を言えば100%個人再生委員が選ばれる訳ではなく、裁判所の判断によっては選ばれない場合もある点については注意しておきたいところになります。

 

具体的に何をする人たちなのか?

 

この辺りが一番気になるポイントになりますが、簡単にザックリ説明をすると裁判所の補助的な意味を持ち、中立的に個人再生手続きが進行されるように監督する役割を担っています。申し立て人の資産・収入状況を調査したり、借金情報を調べたりと結構いろいろ仕事があるみたいです。

 

どんな人が選ばれるのか?

 

弁護士が選任されます。やはり法律のプロフェッショナルでないと任せられないですからね。

 

相場価格:15万円~25万円程度

 

住宅ローン特別条項

 

  1. 住宅ローンなし
  2. 住宅を残さない

 

上記に当てはまる方にとっては必要のない費用になります。

 

逆に住宅ローンあり、住宅を残したい・・・という方には関わってくる料金になりますので、チェックしてみてくださいませ。

 

住宅ローン特別条項付きの個人再生手続きをするとローンが残っている一戸建て、マンション等のマイホーム(住宅)を処分しないで、借金を減額することができるのが特徴的になります。これは非常に便利な制度で自己破産にするか?個人再生にするか?で単純に家を残したいという理由で個人再生相談をする人も少なくはないと言われています。銀行や消費者金融でキャッシング・カードローンをすると毎月の利息が非常に生活を圧迫しますからね。それを自分の城を保有しながら借金・債務を大幅に減らすことができるので実は非常に魅力的な債務整理の1つなのです。

 

しかし、「住宅ローン特例あり」を利用すれば費用が発生します。

 

相場価格:「住宅ローン特例なし」の場合に比べて・・・5万円~10万円弱程度高くなると考えておくといいでしょう。

 

弁護士・司法書士の費用

 

各事務所によって結構差がありますので、個人再生費用の安い・格安比較を必須であると言えるでしょう。状況によっては10万円~30万円程度の違いが生じる可能性もありますので、侮れないのが正直なところではありますね。

 

あくまで傾向になりますが、弁護士の方が司法書士と比較すると料金相場は高めになります。具体的には下記に掲載していますので、参考にして頂ければと思います。

 

弁護士の相場価格:40万円~60万円程度

 

司法書士の相場価格:30万円~40万程度

 

個人再生でかかる費用まとめ

 

  • 着手金→無料~数十万円程度
  • 申立費用→2~3万円程度
  • 再生委員報酬→A※15万円~25万円程度
  • 住宅ローン特別条項→B※5万円~10万円程度
  • 弁護士・司法書士費用→30万円~60万円程度

 

A※再生委員報酬は裁判所の判断によっては発生しない。
B※「住宅ローン特例なし」なら不要

 

個人再生相談は「有料」・「無料」どっち?

 

これは債務整理全般に言えることですが、借金系は無料で相談を受けている事務所が多いのが特徴的になります。

 

1時間1万円などの有料で相談を受けている法律家もいますが、お金を取るからと言って質の高い対応をしてくれる訳ではないので注意が必要になります。

 

基本的には個人再生は無料相談OKのところを探すのがベストだと思います。

 

個人再生費用が”払えない”方は「分割」・「後払い」

 

貯金・貯蓄が全くなく、債務整理を依頼したいけど支払うお金が無いという方については「分割」・「後払い」でも大丈夫な料金体制になっている弁護士・司法書士を選択するのがいいと思います。基本的に個人再生申し立てをするということはお金に困っているはずですので、臨機応変に対応してくれるケースがほとんどだと思います。むしろ、相談した法律事務所・法務事務所が費用を分割や後払いにしてくれないのであれば割り切って他を探すというのも1つの手になると思います。

 

Q&Aコーナー※よくある質問一覧

 

高額費用の弁護士は質が高いのでしょうか?

料金が高ければ実力があるということはありません。能力に優れた弁護士で低料金で個人再生手続きを引き受けているケースもあります。

 

相場よりはるかに高い料金になっているのであればよく考えてから申込をすることをおすすめします。何となく、高いお金を支払うとその見返りも大きいように考えてしまう人もいるみたいですが、必ずしもそのようなことはありません。

 

住宅ローン特別条項は利用するべき?

住宅・持ち家を資産として残したいのであれば利用するべきでしょう。判断基準は残したいか?残さなくてもいいか?になります。

 

個人再生の初期費用は0円が当たり前ですか?

当サイトで紹介しているサービスは初期費用無料が多いです。実力を踏まえて、コストを削減したいのであれば重要視するポイントだと思います。

 

格安の個人再生は悪徳業者では?

他社と比べた時にあまりに安いと嬉しい反面、心理的に不安になられる方も結構いるみたいですね。「詐欺ではないか?」、「悪徳業者ではないか?」と疑ってしまう気持ちも分かります。見極める方法は2ch(2ちゃんねる)噂や個人再生の口コミ&評判をチェックするのも1つの手ではありますが、無料相談をするのが一番手っ取り早いと思います。メールのやり取りよりも電話や直接面談するのが理想的ですね。それでも信頼することができないのであれば大手や知名度の高いところに依頼するといいかもしれないですね。中小規模で無名な会社よりは安心できると思います。

更新履歴